ライオンズクラブ国際協会332-B地区 <岩手>

ガバナーあいさつ

TOP > ガバナーあいさつ

 

 

ご 挨 拶

 

地区ガバナー 猿舘 伸俊第1副地区ガバナー 猿舘伸俊(盛岡南)

 

6月25日から28日まで3日間、ガバナーエレクトセミナーでのGATに関する研修を経て、去る7月3日、第101回ラスベガス国際大会、記念すべき地区ガバナー就任宣誓式にてエレクトからガバナーに就任して参りました。ガバナーの使命を認識し、地域の発展に寄与する事を宣誓して参りました。

グドラン・イングバドター国際会長曰く、国際テーマ‐WeServe‐“我々は奉仕する”を全世界のライオンズクラブ会員1,426,000人の末端迄周知徹底すること、 特に今年はライオンズ生誕から101年として、発展への折り返し地点であり、今後200年に向けて永遠の輝きを放つべく、記念すべきスタートとなりました。

332-B地区会員2、270名のライオンが一致団結して「我々は奉仕する」を拡大させていく中で、ガバナーが果す役目は、その舵取りであると考えております。

グローバルアクション(GAT)の認識と高揚を目指し、GLT(指導力育成)、GMT(会員増強)、GST(奉仕活動)のそれぞれの目標を達成していくことで、最終的にはクラブに活気をもたらし、レベルアップしていき、奉仕へと進む力が生まれてくるはずです。

私のアクティビティスローガン「福祉に貢献 WeServe」についても、我々の地域で会員皆様がアイディアを持って、大なり小なりアクションを起こす事により社会福祉への奉仕活動が生まれるものと確信致します。

次に、ガバナーテーマ「我れ・我が友 L字の誇り ライオンの架け橋となれ」はグローバルアクション(GAT)を会員の末端迄、声掛け運動をおこない、まず自らライオン基本理念を“内から外へ、外から内へ”と活動する事により、クラブ、会員の活性化へと繋がると確信致します。此のテーマは、ライオンズクラブが地域社会に貢献出来る最高のアクティビティと誇れる東日本大震災への支援活動や台風10号による災害時の援助活動を通じて、ライオンズを広く知っていただき、賛同を得て会員増強に大いに役立つとの思いが根幹にあります。

最後になりますが、福沢諭吉の遺訓を引用するなら“人の為に奉仕して決して恩に着せない事”この精神を活かし、勝っておごれることなく、負けて悲しまず、の心根を以ってキャビネット役職員一同、一年間精進して参りますので、会員の皆様には、ご協力の程お願い申し上げます。

第101回 国際大会inラスベガスサイトはこちら

 

太平洋アジア課ウェブサイトはこちらから

  LCIF図1

「LCIF−あなたの寄付がいのちを救う」

 

csc-infographic-large

1億人の人々への奉仕の達成おめでとうございます! 

 

ライオンズクラブ国際協会 本部

ライオンズクラブ国際協会太平洋アジア課

eMMR サバンナwebサイト

MyLci

 

ライオン誌ウェブマガジン

330-337複合地区ガバナー協議会議長連絡会議

→全日本ライオンズクラブ
リンク集

→ロゴ、マーク類
ダウンロード

ライオンズレート

111

2018年8月レート

Web入会

 Diners図1